人の髪は成長するときも、複雑な働きをするのですが、反対に髪が薄くなる時も人の体内では複雑な作用を繰り返します。

「繰り返す。」つまり、継続的な普段の生活習慣も関係してくるということがわかります。

男性は急にはげたりしません。

時をかけてゆっくりと確実に薄くなっていきます。

先に結論から言うと、育毛もゆっくり時間をかけて正しく行えば改善の余地があるということです。

前回の続きになりますが、

髪の毛が抜けるのは、複雑な作用を経ます。実際、男性ホルモンが働くためには様々な物質が必要になります。

例えば、髪の毛の成長には男性ホルモン以外にも成長ホルモンやタンパク質、亜鉛など様々な物質が必要なように、薄毛になるのにも様々な物質が必要なのです。

それが、酵素や男性ホルモンセプレーター、それらに加え標的遺伝子が欠かせません。

それらが作用して、薄毛を発症していくのです。

もう少し細かく説明すると、これらのホルモンや成分は男性ホルモンセプレーターがないと薄毛を発症しません

その男性ホルモンセプレーターは、毛の細胞の中には存在せず、間葉系の毛乳頭細胞にそれらがあることがわかっています。

と言っても、すべての毛乳頭細胞にこの男性ホルモンセプレーターがあるのではなく、比較的限定的な箇所、例えば髭や胸毛などの体毛、そして頭頂部や生え際などの頭部上部の毛の毛乳頭細胞にあります。

ここまでをひとまず頭に入れておきましょう。

男性ホルモンセプレーターは頭頂部や生え際にある

次に、それに作用するジヒドロテストステロンという薄毛の原因となる男性ホルモンですが、それがつくられる経緯について少し触れていきます。

ジヒドロテストステロンDHTは、5アルファリダクターゼという酵素と男性ホルモン(テストステロン)が結合しつくられます。

ここまでは皆さん知っていると思いますが、実は5アルファリダクターゼには1型と2型のタイプがあり、タイプ1は人のあらゆる組織や細胞にありますが、2型は前立腺や外陰部の皮膚など、きわめて限られた箇所にしかありません。

そして、この2型の5アルファリダクターゼは前頭部や頭頂部にも存在することが最近になってわかりました。

ここからが本題

さて、5アルファリダクターゼ2型でつくられたDHTと男性ホルモンセプレーターが結合するとどうなるのか?

そう、頭頂部や前頭部では発毛を抑制するシグナルがこれによって出され、髪の成長を妨げてしまうのです。

前頭部や頭頂部が薄くなるメカニズム

髭や陰部の毛は、5アルファリダクターゼ2型でつくられたDHTを加えると濃くなります。

でも、頭頂部や生え際は薄くなります。

その違いに、頭頂部や前頭部では、非成長因子が発生していることがわかりました。

薄毛のシグナル非成長因子とは?

薄毛のシグナルである非成長因子とはTGF-β1といいます。

胸毛や陰毛などは通常IGF-1という成長因子が発生し、毛の成長を促しますが、頭頂部や生え際に限りはTGF-β1が発生するのです。

これが、角化細胞の増殖を強力に抑制したり、細胞死を招いてしまうのです。

そして、生え際や頭頂部の髪の毛のヘアサイクルの休止期が長くなり、髪が生えてこなくなるのです。

3回にわたり男性型脱毛症の発症するメカニズムをお伝えしてきましたが、正直自分の症状くらいどのようなものか知っていた方が、育毛剤を選ぶ際などの参考になります。

これを知っておけばもうどの育毛剤を選ぶかはわかると思います。

男性型脱毛症に必要なのは、これら一連のメカニズムを克服するための成分が含まれたものが効果的なのです。

一番選ばれている育毛剤一覧

ナノインパクト100

1、ナノ粒子といって、140ナノミリの非常に小さなカプセルに育毛成分が凝縮

2、その数100兆個、一回当たりの数3兆個

3、毛穴に入り込み、12時間かけてしっかり育毛

4、男性型脱毛症の育毛を促す成分が凝縮

5、男性ホルモン抑制成分から、発毛作用のある血行促進成分まで計43成分配合

ナノインパクト100 詳細

Deeper3D

1、発毛力の高いキャピキシル配合(ルーカスマイヤー社開発)

2、髪のバジル細胞に作用し、育毛を促すリデンシル配合(スイスのInduchem社開発)

3、今まで発毛力に優れていたが、リデンシルを配合することで育毛力もパワーアップ

4、作用する成長因子数が育毛剤中最多

5、男性型脱毛症agaを強力に抑える

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 詳細

育毛剤BUBUKA

1、育毛成分濃度が業界の中では濃く、育毛効果が大きい

2、加水分解コラーゲン配合、抜け毛予防に

3、ミノキシジルと同等でありながら、副作用0のM-034成分配合

濃密育毛剤BUBKA 詳細