私も当初は生え際の後退に悩んでいました。

といっても、私の場合、珍しいU字型の後退でしたが、そこで最初に手にした育毛剤は実はナノインパクト100ではなdeeper3dでした。

そのあと、発毛が見られた時点でナノインパクト100に切り替えたのですが、最初からナノインパクトを使っていても良かったのかな~、なんていまさらながら思います。

さて、そんなナノインパクトですが生え際の薄毛にどのように良いのか?というと結論から言ってとても良いです。

でも一つ条件があるんです。

それは、生え際の薄毛に対しては有効だけども、ハゲに関しては微妙ということです。

薄毛とハゲ、どいう言う違いかというと薄毛の場合は髪が薄いだけで、毛根や毛母細胞はしっかり残っている状態を言いますが、ハゲの場合は全くのツルツルの状態、つまり、毛根も毛母細胞も消滅していることが言えます。

ナノインパクトに関しては、毛母細胞が残っている状態で育毛が可能なので、それが消失していると厳しいですね。

私の場合も、はじめからツルツルではなく産毛が多少ある状態でした。

でも、deeper3dはツルツルの状態から発毛させる力があるため、それを先に使い産毛の発毛後にナノインパクトを使ったという流れです。

まあ、結果的には良かったのですが、今産毛がある方はわざわざこのような段階を踏まなくてもナノインパクトオンリーで育毛は可能です。

ナノインパクト100が生え際に効く理由

さて、ナノインパクトがどのように生え際の薄毛に有効かというと、

1 エチニルエストラジオールが含まれている

エチニルエストラジオールは女性ホルモンのエストロゲンの作用があります。

その効果は植物性エストロゲンと呼ばれるイソフラボンの1000倍の作用があり、強力に悪玉男性ホルモン(DHT)の生成やセプレーターとの結合を防ぎます。

生え際には、5αリダクターゼ2型によるDHTの生成および、受容体のとの結合によって脱毛因子が発生しやすいのです。

エチニルエストラジオールは、その作用を強力に阻害し、agaによる抜け毛や薄毛を食い止めます。

2 ビルベリーとオウゴンエキス

また、男性ホルモン抑制にビルベリーとオウゴンエキスが効果的です。

ビルベリーにも植物性女性ホルモンであるイソフラボンが豊富に含まれます。

また、オウゴンエキスには男性ホルモンと5αリダクターゼの酵素結合を防ぐ作用があります。

3 発毛の難しい生え際の成長因子を増幅

生え際は血管が細くまた、皮が薄い箇所です。

でも、ナノインパクトには血行促進作用のある成分、ニンニクエキスやオランダカラシエキスなどが含まれ、血行を促進します。

さらに、酵母エキスで硬くなった生え際の皮膚を柔らかくします。

このように、生え際の環境が整うことで髪の成長因子が発生し発毛を促します。

まとめ

ナノインパクトによって生え際の薄毛は予防もしくは改善することが可能です。

しかし、産毛や毛母細胞がある状態でということが条件です。

全くツルツルの状態ならdeeper3dから使い始めて、産毛ができたところで育毛剤ナノインパクト100に切り替えていくと良いでしょう。

一番選ばれている育毛剤一覧

ナノインパクト100

1、ナノ粒子といって、140ナノミリの非常に小さなカプセルに育毛成分が凝縮

2、その数100兆個、一回当たりの数3兆個

3、毛穴に入り込み、12時間かけてしっかり育毛

4、男性型脱毛症の育毛を促す成分が凝縮

5、男性ホルモン抑制成分から、発毛作用のある血行促進成分まで計43成分配合

ナノインパクト100 詳細

Deeper3D

1、発毛力の高いキャピキシル配合(ルーカスマイヤー社開発)

2、髪のバジル細胞に作用し、育毛を促すリデンシル配合(スイスのInduchem社開発)

3、今まで発毛力に優れていたが、リデンシルを配合することで育毛力もパワーアップ

4、作用する成長因子数が育毛剤中最多

5、男性型脱毛症agaを強力に抑える

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 詳細

育毛剤BUBUKA

1、育毛成分濃度が業界の中では濃く、育毛効果が大きい

2、加水分解コラーゲン配合、抜け毛予防に

3、ミノキシジルと同等でありながら、副作用0のM-034成分配合

濃密育毛剤BUBKA 詳細