生え際発毛と育毛の違い

生え際のケアは「発毛」と「育毛」に分けて考える必要がありますね。

これを混同して考えてしまうと生え際の発毛や育毛に失敗する可能性があります。まあ育毛という言葉に全てひっくるめられているため混同しやすいのですが、私は発毛と育毛は分けて考えています。

発毛と育毛はハゲか薄毛の段階で判断する

薄毛の状態

どういうとこかというと、薄毛の状態はまだ髪がある状態。要するにハゲる前の段階です。このときは発毛よりも育毛を優先したほうが良いです。

ちなみに、ハゲる前段階である薄毛の状態は髪が細くなったり、くせ毛になります。髪が細くなるわけですから、当然頭部の密度も減ります。それが薄毛と呼ばれる症状です。

はげの状態

薄毛の期間を通り越して、すでに産毛すら消失してしまっている状態のことをハゲと呼びます。この場合は育毛剤を使っても成長させる髪がないわけですから、かすかにのこる毛根に刺激を与え発毛を促す方法をとります。

つまり、今の症状に合わせた発毛育毛が大切だということなのです。

では、巷でいう発毛剤や育毛剤とはどのようなものをいうのでしょうか?

発毛剤とは

発毛剤とはリアップなどミノキシジルなどを主成分としたものを言います。つまり毛根の奥にある眠っている毛乳頭細胞を刺激し、髪の毛を生えさせるようにするものです。

この発毛剤の特徴はミノキシジルだと血管拡張作用によって血流を良くし、発毛を促す作用があります。
しかしこれには多毛症や動悸、肌荒れなどの副作用が付いて回ります。

次にキャピキシルなど比較的新しい成分を使ったものもあります。当サイトでも紹介しているDeepre3dなどはこのキャピキシルが主成分となる発毛剤兼育毛剤です。

キャピキシルには上にあるミノキシジルの3倍の発毛効果があり、さらにプロペシア同様に悪玉男性ホルモンの抑制効果があります。

そのうえ副作用がないので安全な育毛剤です。

育毛剤とは?

次に育毛剤なのですが、育毛といえば髪の毛を育てることを言います。髪の毛の成長を促すには十分な栄養が含まれていることは大前提ですが、そのほかにも、頭皮環境を整える成分や血行促進、代謝促進などの作用まで網羅していないといけません。

さらに、今の育毛剤に望まれる成分は男性ホルモン抑制効果のあるものが良いです。

男性ホルモンが抑制されていないと、いくら育毛剤を塗りたぐっても、意味ありませんからね。

例えば、今最強の育毛はと聞かれると、医薬品であるプロペシアとミノキシジルのタッグが最強と言われていますよね?でもこの医薬品の組み合わせは副作用のオンパレードを引き起こしてしまう可能性が大です。

ちなみに私のお客さんにもこのような組み合わせで育毛に取り組んだ人がいますが、いかんせんアッチの方がダメになるわけです。

これってリアルガチです。だからその人その組み合わせやめちゃいましたよ。だって男なのにアッチが萎えるとかありえないでしょ!何のために髪の毛生やそうと思っているの?

そりゃモテたいからでしょ!単純に。あわよくばアッチを使うことも考えるでしょ!普通

だから私もプロぺとミノキのタッグは使いません。イ●ポだけは勘弁です。

となると、やっぱりキャピキシル成分が一番いいわけですよ。

でもね、発毛剤や育毛剤だけに頼ってばかりじゃいけないんです。ちゃんと髪の土壌である頭皮のケアや体のケアも必要なんです。

発毛と育毛のプロセス!まずは発毛から

発毛をさせるには頭皮環境を整えなければなりません。発毛、育毛は農業に似ています

農業の場合、土を肥やし、農作物のできやすい畑に整える必要がありますよね?頭皮の場合も同じです。

頭皮環境を整えて発毛、育毛をしやすい環境に整えていきます。

そして出来る範囲から生活習慣の見直しや、毎日つかうシャンプーの見直しまでしていきます。これら全てひっくるめて頭皮環境という土壌を整える事になるんです。

その延長で発毛剤や育毛剤を頭皮に刷り込んでいくんです。

そうするれば早くて3ヶ月目あたりから産毛のような毛が生えてきます。ここまでが発毛のプロセスです。

生え際発毛の次は生え際育毛

次に育毛は、発毛した産毛を育てるということ。ほとんどの人が発毛と育毛を混同しているため、どうして発毛したあと手を抜きがちになってしまい失敗するケースが実に多くあります。

毛が生えてきたから成功!ではありません。勝負はこれから、この毛をどれだけ太く立派に育て上げるかが成功と失敗の分かれ道です。

産毛はか細くて弱いので、今までのようにシャンプーなどで摩擦などを加えてしまうと、直ぐに抜けてしまいます。ヒラヒラ舞って消えてなくなります…。ですから、やさし~く触ってあげましょう。

間違っても爪をたてたり、ゴシゴシしちゃだめですよ!ヒラヒラ舞ってなくなりますよ!

このときシャンプーの際に使うシャンプー剤にも気を使ったほうが無難です。特にドラックストアなどに売っている安いシャンプーは洗浄力が強めで、弱い産毛なんてすぐ洗い流されちゃいますよ!
だからアミノ酸系やアミノ酸系、アミノ・・・・

でも毎日シャンプーする必要もなく、シャンプー剤を使うのは2日か3日に一回くらいでいいくらいです。
シャンプー剤を使わない日はシャワーのお湯でしっかりゆすげばそれで十分です。

たまに毛穴の中の老廃物を除去したいので1週間に一度炭酸水で頭皮を洗うとよいでしょう。たんさんのきめ細かい泡が毛穴の汚れを浮かせて取り除きます。炭酸水でシャンプーの効果についてはこちらの記事も読んでみてください。28歳若はげに育毛剤と○○を使った成功事例

ちなみに炭酸水は医療でも使われえいるので体に悪いことはありません。

最後に育毛剤をつけて終了ですね。2年続けば個人差はありますが、きっと発毛から育毛に成功しているでしょう。

発毛剤と育毛剤両方購入するのがもったいないし一本で済ませられるならそれに越したことはないですよね?そこで私はこれを使っています。

一番選ばれている育毛剤一覧

ナノインパクト100

1、ナノ粒子といって、140ナノミリの非常に小さなカプセルに育毛成分が凝縮

2、その数100兆個、一回当たりの数3兆個

3、毛穴に入り込み、12時間かけてしっかり育毛

4、男性型脱毛症の育毛を促す成分が凝縮

5、男性ホルモン抑制成分から、発毛作用のある血行促進成分まで計43成分配合

ナノインパクト100 詳細

Deeper3D

1、発毛力の高いキャピキシル配合(ルーカスマイヤー社開発)

2、髪のバジル細胞に作用し、育毛を促すリデンシル配合(スイスのInduchem社開発)

3、今まで発毛力に優れていたが、リデンシルを配合することで育毛力もパワーアップ

4、作用する成長因子数が育毛剤中最多

5、男性型脱毛症agaを強力に抑える

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 詳細

育毛剤BUBUKA

1、育毛成分濃度が業界の中では濃く、育毛効果が大きい

2、加水分解コラーゲン配合、抜け毛予防に

3、ミノキシジルと同等でありながら、副作用0のM-034成分配合

濃密育毛剤BUBKA 詳細