生え際が後退してきた。これって私のことです。実はね私美容師をしていますが、ある日嫁に「後退したんじゃない?しかもものすごい勢いで!」なんていわれちゃったんですよ。

でもね、もともとおでこが広い方だったから、まあ30後半にもなると多少は後退するよね、なんて思っていたのですが、嫁の突っ込みは私の胸を貫きました。

「美容師がハゲってヤバくない!?」

なぬ!

確かにやばいよな。って考えているうちに、ほんとにやばいかもとだんだん切羽詰まってきました。

やばい、やばい、やばい

もうこれしか頭にありません。何せはげたら坊主にすりゃいいや!なんて思っていたものですから、いざ自分の生え際がハゲてきて本当にやばいと重ちゃいました。

嫌だ!今はまだハゲるには早すぎる。今ハゲたら失業してまう。かなり焦ったのを覚えています。

それからは生え際の後退についていろいろと調べて対策を講じました。でも、悩んだわりに以外にシンプルな方法でも改善が可能だとわかったので、ひたすら無意識に育毛していくだけで、だいぶマシな状態まで復活してきました。

今回は美容師が生え際の後退に悩み、それに対しての対策方法をシェアしていきますね。

生え際は髪の毛はハゲやすく生えにくい?

なんで生え際の髪がハゲやすい、また一生懸命育毛しても大勢の人が失敗するのか?それは次のような原因があるからです。

頭皮が硬い

とにかく頭皮が硬いんですよ、生え際って!なぜかというと人の頭は3つの骨でできており、生え際は前頭葉といって骨がでっぱったとこです。

皮膚と骨の間が少ないので、毛根が定着しづらく、髪も細いことが多いです。特にM字のようなこめかみは髪が細く抜けやすい状態になることが多いです。

血行不良

頭皮が硬いということは血行不良になりやすいです。なぜなら毛細血管が小さく、血流が悪くなるからです。髪は血液から成長因子や成長ホルモン、栄養素を受け取り成長しますから、血流が悪くなるとこれらの成分が不十分になってしまいます。

受容体が多い

上記のように抜けやすい環境な上に、極め付けがジヒドロテストステロンと結合する受容体が非常に多い箇所です。ジヒドロテストステロンも5αリダクターゼがⅡ型なため、非常に抜け毛を起こしやすい環境が整っています。

もうね、生え際の後退はこの3つのことが原因なんですよね。

後退した生え際を復活させるには?

私が簡単な方法で生え際後退を予防している方法は絶対的に運動です。運動は血行を促進しますし、新陳代謝を向上させます。また成長ホルモンも多く分泌されるようになるので、髪の毛の育つ頭皮環境を作り上げられます。

でも、運動だけだとどうしても、限度があるため、ここでプラスアルファの育毛剤を使っていきます。

どのようなものを使っているのかというと、私は発毛にはキャピキシルを使っています。

とりあえず後退した生え際を回復させるには一般的に下記のようなものが使われています。

1 フィナステリド

男性ホルモンと5αリダクターゼの酵素結合を防ぎます。ただし、フィナステリドの場合5αリダクターゼ1型に有効で2型にはそこまで作用しません。つまり、フィナステリドを服用しても、効果が表れない人も多いです。

2 サガーロ

サガーロは2016年6月に発売されたばかりの飲むタイプの育毛剤です。つまりフィナステリドを使用しているプロペシア同様のものですが、サガーロは5αリダクターゼ2型にも作用し、agaを強力に抑えます。でも、副作用もフィナステリドより強力になるので、その辺が心配なところです。

3 ミノキシジル

よくプロペシアやサガーロ+ミノキシジルが最強の育毛方法といわれています。ミノキシジルは血管を拡張し発毛を促します。でもこちらももともと降圧剤として使われていたので、その影響で副作用を発症してしまうことがあります。

ここまでは一般的にというか、育毛クリニックでもよく処方される育毛対策ですね。でも、これで劇的に生え際の薄毛が改善されたのかというと約半数程度、でもフサフサに生えてきたという声はあまり聞きません。

4 Deeper3D

私はDeeper3Dを使っています。これはキャピキシルという成分が使われています。キャピキシルはプロペシアのような男性ホルモンを抑制する成分とミノキシジルのような発毛を促す成分が含まれれています。

男性ホルモン抑制成分(アカツメクサハナエキスエキス)

テストステロンと5αリダクターゼは毛根にある毛包内部で結合したり、脱毛活動を繰り返します。ですからわざわざ薬を飲んで体の中から改善する必要性はありません。

つまり、Deeper3Dは直接頭皮に塗布し、直接ジヒドロテストステロンと男性ホルモン受容体との結合を防ぎます。

発毛効果(アセチルテトラペプチド-3)

アセチルテトラペプチド-3は成長因子の一つで医薬品指定のミノキシジルの3倍の発毛効果を実現した発毛力の高い成分です。

つまり、キャピキシルはagaの根本的な2つの原因を一つの育毛剤で解消することができ、さらに副作用は0です。

通常ならプロぺorサガーロ+ミノキシジルという組み合わせがaga治療に使われ、副作用のリスクあり、でしたが、キャピキシルは一本で副作用のリスク0、また、コスパも非常にいいですよね。

はっきり言って私、プロぺやサガーロの副作用によくある、性欲減退や勃起力減少というのはチョット避けたいです。男として。だからDeeper3Dを使うのです。

一番選ばれている育毛剤一覧

ナノインパクト100

1、ナノ粒子といって、140ナノミリの非常に小さなカプセルに育毛成分が凝縮

2、その数100兆個、一回当たりの数3兆個

3、毛穴に入り込み、12時間かけてしっかり育毛

4、男性型脱毛症の育毛を促す成分が凝縮

5、男性ホルモン抑制成分から、発毛作用のある血行促進成分まで計43成分配合

ナノインパクト100 詳細

Deeper3D

1、発毛力の高いキャピキシル配合(ルーカスマイヤー社開発)

2、髪のバジル細胞に作用し、育毛を促すリデンシル配合(スイスのInduchem社開発)

3、今まで発毛力に優れていたが、リデンシルを配合することで育毛力もパワーアップ

4、作用する成長因子数が育毛剤中最多

5、男性型脱毛症agaを強力に抑える

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 詳細

育毛剤BUBUKA

1、育毛成分濃度が業界の中では濃く、育毛効果が大きい

2、加水分解コラーゲン配合、抜け毛予防に

3、ミノキシジルと同等でありながら、副作用0のM-034成分配合

濃密育毛剤BUBKA 詳細