質問質問

最近つむじが気になります。

ワックスでスタイリングをして、合わせ鏡でつむじのあたりを見ると、地肌がスケスケでヤバい気がします。

これってつむじハゲの前兆なんですか?

私(美容師)私(美容師)

はい!前兆です。

そもそも、つむじは元々髪が細くてしかも毛流が強い箇所です。

そのため薄く見えやすいのですが、ワックスをつけて地肌がスケスケの状態だと、もしかしたら薄毛を発症している可能性があります。

つむじは生え際同様、5αリダクターゼ2型が存在し、さらに男性ホルモン受容体の数も多い場所です。

そのため、生え際と同じようにハゲやすい場所なのです。

だから、ハミルトンノーウッド分類も生え際とつむじの2か所のagaの指標があるのです。

でも、育毛剤ナノインパクト100で生え際よりも比較的つむじの方が早い改善が見込めます。

つむじが生え際よりも育毛しやすい理由

つむじは生え際同様agaの影響を受けやすく、またアンドロゲンセプレーターの数も多いです。

そして、頭頂部付近にあるため頭蓋骨の影響で地肌が硬く、血行も悪いです。

そのため、髪の毛自体も細いですし、抜け毛も多いです。

でも、生え際ほどではないので、生え際のagaよりも早い段階で改善が望めます。

つむじの薄毛を改善するには育毛剤ナノインパクト100が効果的

なぜ、育毛剤ナノインパクト100が効果的なのかというと、私がその効果を実感しているからです。

と言っても信じてもらえないでしょうから、理論的に説明しますね。

ナノインパクト100のつむじに効果的な特徴

1 一回の塗布で12時間作用

ナノインパクトは、かなりミクロレベルの粒子が毛根から毛母細胞付近にまで入り込んでいきます。

その数一回当たり3兆個。その粒子の一つ一つには43種類もの育毛有効成分が含まれており、約12時間かけてゆっくり育毛を促進します。

2 エチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの女性ホルモンが含まれており、女性ホルモン治療にも使われる成分です。

それは、植物性エストロゲン、イソフラボンの1000倍の効果があり、強力に男性ホルモンと5αリダクターゼの抑制、またアンドロゲン受容体と結合を阻止し、脱毛因子の発生を防ぎます。

3 ビルベリー葉エキス

ビルベリーにも植物性エストロゲンであるイソフラボンが含まれています。

また活性酵素の除去や頭皮の皮下組織にあるコラーゲン17型の生成の安定を促進します。

特にコラーゲン17型の減少は抜け毛の原因となるため、この作用は高い育毛効果が期待できるでしょう。

4 アシタバエキス

アシタバエキスはとても生命力の強い植物で、その作用は皮膚細胞の機能を高め、血行を促進します。

つまり、毛母細胞に成長因子を大量に発生させてくれる成分の一つです。

成長因子がたくさん発生すれば髪の毛の細胞分裂による成長が期待できます。
                       

5 そのほかの成分

全部で43種類る育毛有効成分ですが、すべてを紹介していると時間がかなりかかってしまうため割愛しますが、かなりの育毛効果が期待できるのです。

まとめ

さらに言ってしまえば、つむじの薄毛の場合は髪の毛が全くなくなるのはかなり時間が経ってからです。

そのため、毛乳頭や毛母細胞は残っている状態、つまり、産毛がたくさんある状態なので、ナノインパクトの育毛効果で改善が高い確率で見込めるわけです

そして、一日2回朝晩塗布するだけで24時間頭部に作用してくれるのもナノインパクトならではの育毛です。

一番選ばれている育毛剤一覧

ナノインパクト100

1、ナノ粒子といって、140ナノミリの非常に小さなカプセルに育毛成分が凝縮

2、その数100兆個、一回当たりの数3兆個

3、毛穴に入り込み、12時間かけてしっかり育毛

4、男性型脱毛症の育毛を促す成分が凝縮

5、男性ホルモン抑制成分から、発毛作用のある血行促進成分まで計43成分配合

ナノインパクト100 詳細

Deeper3D

1、発毛力の高いキャピキシル配合(ルーカスマイヤー社開発)

2、髪のバジル細胞に作用し、育毛を促すリデンシル配合(スイスのInduchem社開発)

3、今まで発毛力に優れていたが、リデンシルを配合することで育毛力もパワーアップ

4、作用する成長因子数が育毛剤中最多

5、男性型脱毛症agaを強力に抑える

【モンゴ流スカルプエッセンスDeeper3D】 詳細

育毛剤BUBUKA

1、育毛成分濃度が業界の中では濃く、育毛効果が大きい

2、加水分解コラーゲン配合、抜け毛予防に

3、ミノキシジルと同等でありながら、副作用0のM-034成分配合

濃密育毛剤BUBKA 詳細